ウーマン

産後ダイエットには酵素が効果的|授乳中でも利用できる

間食のポイント

お菓子

旬を食べる

運動や食事を組み合わせたダイエットは、理想的な形として推進されていますが、1日3食の食事に対して、甘いお菓子やスナック菓子などのおやつの時間を設けてしまい、ダイエットに失敗するケースは意外と多く見聞きされる内容です。ダイエット食品にも間食に良いローカロリーの食品が提供されていますが、健康と美容に良いのは旬の果物です。栄養価も高く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。糖質が多いバナナなどよりも、酸味を感じるビタミンが豊富に含まれる柑橘系やイチゴなどは人気が高い果物です。おやつとしてダイエット中に食べても罪悪感も意外と少なく感じられ、芳香作用によってストレスが緩和されることでも評価されており、体内で合成されないビタミンを間食で補うことができるために人気を集めています。

エネルギーに使える

ダイエット中のおやつとして、ダイエット食品にはカロリー0が定番となっていますが、健康や美容を目的とした場合には効率性を意識することがテクニックの1つです。おやつを間食として捉える女性は多いものの、食べることによってエネルギー源となる健康食品に着目することがポイントです。例えば、果汁100%ジュースやヨーグルトは、栄養バランスを整えた食事で揃わない場合が多く、果物と乳製品をおやつに置き換えることで食事で不足する栄養バランスが自然と整います。また、ダイエット中なのでおやつを選ぶ際もヨーグルトであれば果物入りをセレクトすることもポイントです。フルーツゼリーなどは一口タイプで食べ過ぎを防止でき、ダイエットに最適な脂肪燃焼に繋がる無糖珈琲はゼリーにすることで満足感も得られます。食べた後、活動することで食べたおやつはエネルギーになったりビタミン類は肌に効果的です。また、糖質の高いバナナ類は消化が良いのでエネルギーにかわりやすく、ダイエットのおやつにも適しています。